大阪の選挙の課題

先ほど大阪市長の出直し選挙が行われましたが、結局橋本市長以外には候補者はいませんでしたので無投票での再選となりました。これにはさすがの大阪市民から税金の無駄遣いと言う声も有り、市議会議員からも市長選を行う意味が分からないと言う声も有りました。

この原因として考えられるのは投票によって選ばれた市長と、同じく投票によって選ばれた市会議員で構成される議会との政策に対する考え方の矛盾による物が大きいと考えられます。橋下市長の考える大阪都構想に賛成をして投票した市民が、反対する議会にも投票している矛盾は大阪市にとってはとても大きな問題でもあります。

原因の1つとして考えられるのは市会議員が、告示の時は橋本市長の考え方に賛同していざ当選をしたら反対する考え方の矛盾によるものが最大の原因で、自分の当選の為に橋下市長の大阪都構想を利用したと言う形になるでしょう。出直し投票をするなら橋下市長ではなく、むしろ大阪市会議員の本音による投票で議会の構成をし直しを考える必要が有ります。